TOP> 最新情報・レポート> 柿の木の剪定方法!適切な時期やおいしい実を収穫するためのポイント

最新情報・レポート

柿の木の剪定方法!適切な時期やおいしい実を収穫するためのポイント

柿の木の剪定方法!適切な時期やおいしい実を収穫するためのポイント

柿の実を楽しむためには、日当たりをよくする剪定、つぼみや実の量を調節する作業が欠かせません。正しく柿の木のお手入れをしないと実に栄養が行き渡らずに収穫量や木の生長に影響してしまうからです。

この記事では、柿の木の剪定時期や目的別の剪定方法を詳しく解説します。また、剪定のプロに依頼する場合の費用や選び方のポイントについてもご紹介しますので、参考にしてみてください。柿の木に適したお手入れをして、おいしい実を楽しみましょう。

柿の剪定 ご相談ください!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

柿の木剪定の基本

柿の木を育てている方は、おいしい実を収穫することを楽しみにしていることでしょう。理想の柿の実を作るためには、正しい時期にお手入れや剪定をしなくてはいけません。最初に柿の剪定の基本事項についてご紹介します。

お手入れ方法は大きく分けて3つ

柿剪定に適した時期にはきちんと理由があります

おいしい柿の実を育てるためには、剪定だけでなくほかにもやるべきお手入れがあります。柿の木のおもなお手入れは以下のとおりです。

剪定
剪定には、おいしい柿の実を育てる以外にも木の大きさを調節したり、枯れないように風通しをよくしたりするという目的があります。

剪定では、完成後の樹形をイメージすることから始めます。そして不要な枝、内側に伸びた枝、伸びすぎた枝を切っていきましょう。枝を切りすぎると実のつきが悪くなることがあるため、やりすぎないことが大切です。詳しい剪定方法はこのあとにご紹介します。

摘蕾(てきらい)
摘蕾はつぼみを摘み取る作業です。実が多くつくと、翌年の実の数が減ってしまう「隔年結果」という現象が起きてしまいます。毎年収穫できる実の数を安定させるためには、摘蕾の作業が欠かせません。

4月~5月頃のつぼみが膨らんできた時期に、1本の枝の中ほどにある2~4つのつぼみを残し、残りを摘んでしまいます。つぼみを指で押して取り除きましょう。

摘果(てきか)
悪い実を取り除く作業です。6月下旬ごろに、生育の悪い実が自然に落下します。これを生理落下といい、摘果はこのあとにおこないましょう。ポイントは、1本の枝に1~2個だけ質のよい実を残すことです。

害虫の被害にあっているもの、変色したものなどは摘果することが大切です。数を調整しておくことで、残った実に栄養が十分に行き渡っておいしい柿に生長させることができるのです。

剪定に適した時期は11月~3月

柿の剪定は、11月~3月のあいだにおこないます。時期に少し開きがありますが、これは地域の気候によって気温差があるためです。秋から冬にかけて剪定をおこなうのには理由があります。

それは、柿の木が花芽をつける前の休眠期だからです。休眠期に剪定をすると、木の生長を阻害するリスクを避けることができます。木の活動が活発な時期に剪定をしてしまうと、木を弱らせてしまったり誤って芽を切り落として実がつかなくなってしまったりするおそれがあるのです。

また、柿の木の葉が落ちたあとに剪定をすることになるため、枝の様子がよく確認できて剪定しやすくなるというメリットもあります。

実の数を調節するためにも剪定は有効【目的別:剪定方法】

柿の木の剪定には、いくつかの方法があります。「おいしい実をつけたい!」「木を低く整えたい」といった目的によって、適した剪定をしましょう。ここからは4つの目的別に柿の木の剪定方法とポイントをご紹介していきます。

実の数の調節をしたいとき

目的別!柿剪定の方法をまとめます

最初にご紹介したように、柿の実が多くつきすぎると1つ1つに十分な栄養が行き渡らなくなります。柿の木は前の年の枝から新しい枝を伸ばし、そこに実をつけるという特徴があるため、枝の先端を切ることで、余分に実がつくのを防ぐことができるのです。ただし、切りすぎには注意してください。

樹形を整えたいとき

樹形を整えたいとき

柿は枝を高く、高く伸ばす特徴があります。樹高が高くなりすぎると、剪定や実の収穫も大変になってしまうため、主幹を切り落として柿の木を低く整えることが大切です。主幹を切ることで枝が左右に広がって伸びるため、柿の木が高く生長しすぎるのを抑えることができます。

日当たりをよくしたいとき

透かし剪定をおこないます。枝の間隔が空くように、内側に伸びた枝や余分な枝を根本から切り落としましょう。枝の密度が減ることで、実が傷ついたり、葉のつきのバランスが悪くなったりといったトラブルを防ぐことができます。また、日当たりの悪い場所に発生する害虫を予防するためにも重要な作業です。

日当たりをよくしたいとき

実のつきをよくしたい

不要な枝を切り落とすことが大切です。具体的には、内向きに生えている枝、木の高い箇所にある枝が対象です。高い箇所にある枝を切り、横に枝を伸ばしていく樹形に整えていくことで、実のつきがよくなるのです。ただし、実をつける枝を切り落としすぎないように注意しましょう。

また、実が多くついた枝は翌年実がつきにくいため、収穫するときには枝ごと切るとよいです。

若木と成木では剪定方法が異なります

柿の木には、若木と成木があります。その名のとおり、生長途中の若い木が若木、十分に生長した木が成木です。若木、成木それぞれの剪定ポイントを確認していきましょう。

若木を剪定するときのポイント

  • 強剪定ではなく、弱剪定をおこなう
  • 木の内部まで日が当たるように剪定する
  • 主枝と亜主枝の先端に多くの枝が残らないようにする

若木のうちは毎年剪定をする必要はありません。若木は木の上部が成長途中であるため、切りすぎないように注意してください。木の内部に日が当たるように弱い剪定をおこないます。主枝から生えている枝を亜主枝と言います。1本の主枝に対して亜主枝は6~9本ほど残しましょう。

成木を剪定するときのポイント

  • 樹勢を維持することを心がける
  • 成木と若木がある場合は、健康な成木を優先に剪定する

成木になったら毎年剪定をおこないましょう。柿の木は6~12年程かけて樹高が5m近くまで生長します。また、実ができるのは柿の木を育ててから5~7年程かかるとも言われています。

柿の木は、枝が横に伸びていくような樹形が理想です。下に向いて伸びている枝や古い枝は切り落として、樹形全体をイメージしながら剪定しましょう。樹形を整えることで、見た目の美しさだけでなく、甘い実が育つ、収穫が楽になるというメリットがあります。

また、剪定をしたら木の切り口を保護するための「癒合剤」を塗りましょう。切り口をそのままにしてしまうと、その部分から養分や水分が流れてしまったり雑菌が入り込んだりします。その結果、木が弱って枯れてしまうおそれもあるのです。

害虫に注意!

剪定をしていなくて木の内側の風通しが悪くなったり日が当たらなくなったりすると、害虫が発生するおそれがあります。柿の木に発生しやすいヘタムシは、柿の実のヘタから侵入して食害する害虫です。ヘタムシに食害された柿の実は次第に木から落下してしまうのです。

「柿の木の剪定を自分でやるのは難しいかも……」「古い柿の木を放置して大きくなってしまった」など、剪定に不安のある方はプロにまかせてみるというのも1つの方法です。具体的な希望を業者に伝えることで、理想の樹形に剪定してくれることでしょう。

また、実を楽しむためには、適切な時期に正しく剪定することが大切です。おいしい実を収穫するためには、柿の剪定だけでなく摘蕾、摘果もする必要があります。手間が多いといえる柿のお手入れの中で、剪定だけでも業者にまかせてみるのもよいのではないでしょうか。

弊社では、全国にある加盟店の中から柿の木剪定をおこなう業者をご紹介いたします。ご相談窓口は24時間受けつけておりますので、いつでもお気軽にご連絡ください。

柿の剪定 ご相談ください!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

柿の剪定をプロに依頼!気になる「お金のこと」

柿の剪定を業者にまかせることで、手間が減る、柿の実を害虫から守ることができるといったメリットがあります。とはいえ、料金について気になる……という方もいらっしゃることでしょう。

ここからは、柿の剪定を業者に依頼したときにかかる費用についてご紹介します。また、費用を抑えるために重要な業者選びのポイントなどもまとめていきます。剪定を業者に依頼する前に確認しておきましょう。

柿の木の剪定でかかる料金はどう決定する?

柿の剪定でかかる料金はどう決定する?

柿の剪定でかかる料金は業者によって変わります。業者によって差が出る原因の1つが、剪定料金の設定方法です。大きく分けて2つの料金設定があります。

・職人さん単位の計算
職人さんの人件費と考えると分かりやすいです。職人さんの人数、対応時間などによって料金が変動します。作業時間によって変わるというのは、職人さんの腕によって左右されることでもあるので、業者選びの際にホームページで作業実績などをよく確認しておくとよいでしょう。

・柿の木に対する計算
柿の木に対して料金が決められます。木の種類、本数や高さによって料金が計算されます。あくまで木に対しての料金なので、時間がかかったからといって料金が増すことはありません。比較的わかりやすい料金設定といえるでしょう。

木の高さは低木、中木、高木の3つに分けられていて、それぞれに料金が設定されていることが多いです。

剪定の費用相場(庭木1本あたり)
低木(3m未満) 2,988円
中木(3~5m) 6,860円
高木(5~7m) 15,624円

※上記の金額は剪定をおこなう業者9社のホームページに記載された剪定料金の平均値を算出したものです。
※上記の金額に消費税は含まれておりません。(2020年10月時点)

費用相場はあくまで目安となります。また、7mを超える木は単価が設定されていないことが多いため、直接業者に確認することをおすすめします。

優良な剪定業者の探し方

安心して業者に選定をまかせるには、信頼できる依頼先を見つけることが重要です。業者選びのポイントを確認していきましょう。

☑わかりやすい料金提示があるか
☑不明な点はすべて説明してくれるか
☑柿の木1本から対応してくれるか
☑地域に密着した業者であるか

柿の剪定を業者に依頼する前には、これらのことをチェックしてみてください。直接業者に連絡してみたり、業者のホームページを確認してみたりするとよいでしょう。

明確に料金を提示している業者なら、あとから追加費用を請求される心配もありません。また、柿の木1本単位でも剪定してくれる業者に依頼することで、結果的にコストを抑えることにもつながるでしょう。

柿の木剪定の具体的な金額を知りたい!見積りを依頼しよう

業者によって料金設定の違いがあるため、具体的な金額を知るためには業者に見積りを出してもらうことをおすすめします。複数の業者に見積りを依頼して内容を比較することで、ご自宅の柿の木剪定にかかる適正な料金を確認することができるでしょう。無料で見積りを出してくれる業者に依頼して、作業内容や費用に納得できる依頼先を見つけてください。

弊社では無料で見積りをおこなっている業者をご紹介いたします。柿の木剪定の具体的な費用を知りたいという方は、ぜひご利用ください。

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報