剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 庭木の剪定 > 剪定時期を守って木の健康を保とう!花木・果樹についても解説

最新情報・レポート

剪定時期を守って木の健康を保とう!花木・果樹についても解説

剪定は木の見栄えと健康のために必要不可欠なお手入れです。ただし、剪定は適切な時期におこなわないとかえって木にダメージを与えて弱らせてしまうおそれもあります。

この記事では、庭木の正しい剪定時期を「針葉樹」「落葉樹」「常緑樹」「花木」「果樹」にわけて解説していきます。とはいえ、剪定時期はさらに細かい品種ごとの分類や木の状態、お住まいの地域によっても異なってきます。

この記事を読んで剪定時期に関する知識をつけ、さらにこだわって丁寧に庭木の世話をしたい方はぜひ剪定のプロに相談してみてください。正しいお手入れをして、美しい庭木をできるだけ長く楽しみましょう。

庭木の剪定時期は年2回が理想

庭木の剪定時期は年2回が理想

庭木の剪定は、個別の種類によっても異なりますが、基本的には夏と冬の年に2回おこなうのが理想的です。夏と冬ではそれぞれ剪定の程度(強さ)が異なります。この章では、夏剪定と冬剪定の違いをご紹介します。

夏剪定とは

夏剪定では、不要な枝葉を間引いて軽く整える程度の剪定をします。そのため、夏剪定は軽剪定と呼ばれることもあります。具体的には、伸びすぎて樹形を乱す枝を切ったり、混みあっていて風通しが悪くなっている部分を切ったりしてバランスを整える程度です。

また、夏剪定といっても、木の種類によっては3月といった春先や、10月といった秋におこなうこともあります。

冬剪定とは

冬剪定では、木の骨格を作る大がかりな剪定をします。冬剪定は基本剪定や強剪定とも呼ばれます。樹形を大きく変えてイメージを一新するなど、大きく枝葉を減らす剪定はかならず冬におこなうようにしましょう。ただ、なかには寒さに弱い木もあるので、木の種類によっては冬剪定といっても5月や6月の春~初夏にかけておこなうものがあります。

真夏の剪定は要注意!

できるだけ真夏に剪定をするのは避けてください。なぜなら、夏は庭木がよく成長し、多くの養分を必要とする時期だからです。成長のために養分を使い、木に養分のたくわえがない状態で剪定すると木を弱らせてしまうおそれがあります。

冬であれば、木は基本的に休眠状態となっています。休眠していれば成長に養分を使わずたくわえていられるので、大きな枝を切っても大丈夫なのです。また、夏に剪定して葉を少なくしすぎると幹が日焼けして弱ってしまうこともあります。このような理由から、真夏の剪定はとくに慎重におこなわなければいけません。

剪定をする時期は種類によって異なる

剪定をする時期は種類によって異なる

ここまで夏と冬の剪定についてご紹介しましたが、木の種類によって剪定の適期はさらに細かく異なります。ここでは、庭木を「針葉樹」「落葉樹」「常緑樹」の3種類に大別して剪定時期を解説していきます。

なお、この3種類の分類も完璧なものではなく、より細かい品種ごとの分類ではさらに剪定の適期に違いが出ることもあります。品種ごとの適したお手入れ方法を知りたい方は剪定のプロに相談してみましょう。

【種類1】針葉樹の剪定時期

針葉樹は針のようにとがった葉を持つ木のことです。針葉樹には、松・杉・もみの木・ゴールドクレスト・カイズカイブキ・コニファー・ヒノキがあります。針葉樹は暑さに弱いものが多いため、夏剪定は10月~11月ごろのすずしい時期、冬剪定は木が休眠している3月~5月ごろが適しているといわれています。

【種類2】落葉樹の剪定時期

冬ごろに葉が落ちる木のことを落葉樹といいます。代表的なものには、もみじ・ジューンベリー・ハナミズキ・アオダモ・アジサイ・モクレンなどがあります。落葉樹の冬剪定は12月~2月ごろが適期です。

葉が落ちて枝の状態が見やすくなったころに冬剪定をおこなうと作業しやすいでしょう。また、4月5月7月8月は木の活動期であるため、夏剪定はこれ以外の時期におこないましょう。

【種類3】常緑樹の剪定時期

常緑樹は1年を通して葉をつけている木で、シマネトリコ・オリーブ・アオキ・ソヨゴ・シラカシ・アベリアなどがあります。寒さに弱いものが多いので、寒い時期の剪定は要注意です。

そのため、常緑樹の剪定は夏剪定が8月~10月ごろ、冬剪定は4月~6月ごろの寒すぎない時期におこなうのがおすすめです。新芽が出る前か、新しい葉の成長がひと段落して木の形が固まってきたころに剪定すると、木の成長を妨げにくいでしょう。

剪定時期が特殊な種類もある

庭木を3種類に大別してだいたいの剪定時期をお伝えしてきましたが、なかには剪定時期が特殊なものもあります。たとえば、松類は5月ごろに「みどり摘み(新芽の剪定)」、11月~12月ごろに「もみあげ(古葉を取り除く作業)」後のすかし剪定をおこないます。

また、あじさいや梅といった花木は、花が咲き終わったころに剪定をします。次の章では、花木と果樹の剪定時期を紹介していきます。

花木・果樹の剪定時期は?

花木・果樹の剪定時期は?

ここからは、花をつける花木や、実をつける果樹の一般的な剪定時期についてご紹介します。品種ごとにさらに細かい注意点があるので、読んでみてさらに詳しく知りたいと思った場合は剪定のプロに聞いてみましょう。

花木剪定の基本

花木の剪定は、「花芽ができる時期」「花芽ができる場所とつき方」を知っておくことが大切です。なぜなら、花芽の時期やつき方によって剪定時期や方法が異なるからです。花木は夏に花芽を作ることが多いですが、品種によってさまざまです。

花木の剪定は、基本的に花が咲き終わった直後から次の花芽ができる前におこないます。そのため、花芽ができる時期や場所、つき方を知っておくことが重要なのです。

花木の剪定は「花が咲き終わった」後に

先述のように、花木は基本的に花が終わった後から次の花芽ができる前に剪定します。その中でもとくに、花が咲き終わった直後に剪定するのがおすすめです。花芽ができる時期は種類によって違います。ですが、花が終わったらすぐに剪定しておけば新しい花芽を切り落とす心配がありません。きれいな花を楽しみに花木を育てている方も多いでしょう。

せっかくの花芽を切り落としてしまわないためにも、花木の剪定は花が咲き終わった直後におこないましょう。ただし、桜のように特殊な剪定時期の花木もあります。桜は剪定後の切り口がふさがりにくいため、枝が細いうちに剪定しなければいけません。

果樹は冬季剪定がおすすめ

みかん、びわ、いちじくなどの果樹は、基本的に木が休眠中の冬(12月~2月)におこないます。果樹の剪定は実のつきをよくしたり、毎年安定した収穫量に調節したりするためにおこなうので、剪定の方法が独特です。剪定時期や方法は品種によって異なるため、詳しく知りたい方は剪定のプロに相談してみましょう。

剪定時期の間違い予防には、プロへの依頼がおすすめ!

剪定時期の間違い予防には、プロへの依頼がおすすめ!

これまで繰り返し述べているように、品種や木の成長状態、お住まいの地域の気候によって剪定時期や方法は異なります。この記事で紹介しているのはあくまで一般的なことなので、ご自宅で育てている庭木に合った時期・方法で剪定をしたいときは、プロに依頼するのがおすすめです。

ここでは、プロに依頼するときに気になる剪定の費用相場をご紹介します。

【庭木1本あたりの剪定費用】

  • 低木(~3m) 3,000円~
  • 中木(3m~5m) 6,000円~
  • 高木(5m~7m) 15,000円~

※これ以上は別途見積りのところが多い

庭木の剪定費用は、”木の高さ”によって値段を決めている業者が多いです。ただ、このほかにも”職人さん1日あたり15,000円~30,000円”といった日当制 をとる業者もあります。剪定したい木が数本なら、木1本あたりによる価格設定をとる業者に依頼するのがお得なことが多いです。

「剪定以外にもしてほしい作業がいろいろある」「お庭全体をコーディネートしてほしい」といったときは日当制の業者に依頼するのがおすすめです。剪定費用が気になるときは、お気軽に“お庭110番”までご相談ください。

お庭110番”の無料見積りは、見積り後の追加費用がありません。つまり、見積り額がそのまま実際の作業料金となるので、安心してご依頼いただけます。

まとめ

この記事では、庭木を5種類に大別して剪定時期をご紹介しました。剪定は、木の種類によって時期や方法が異なるため少し面倒ですよね。しかし、庭木を美しく整え健康に育てるために、剪定はとても大切な作業です。

面倒で難しい庭木の剪定はプロに依頼して簡単に、そして適切な方法でおこなってもらってはいかがでしょうか。“お庭110番”では、豊富な知識と技術を持つプロたちがお客様からのご依頼をお待ちしております

お庭110番のサービス料金
  • 庭木の剪定

    3,000円〜/本

    詳しくみる
  • 伐採

    2,000円〜/本

    詳しくみる
  • 草刈り(機械刈り)

    300円〜/㎡

    詳しくみる