桜剪定の時期や方法を確認!病害虫も気を付けましょう

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

桜剪定のウソホント--桜は切ってはいけないって本当?正しい剪定方法・時期は?

桜をお庭で育てている方は、剪定に関するさまざまな情報に困ってしまうこともあります。例えば、「桜は切ってはいけない」というような噂を聞いたという方もいるでしょう。

 

ここでは、桜剪定をしたほうがいいのか否か、その答えを説明します。また、剪定をするときに最も大切な時期や剪定方法といった基本情報も網羅していきます。桜を育てているけど、基本的なことがいまいちわかっていない…このような方は、まずご一読ください。

 

桜は剪定してはいけない?!

桜は剪定してはいけない?!

 

「桜は剪定してはいけない」このような噂を聞いたことはありませんか?

 

放置したほうがいいのか…と思われるかもしれませんが、じつはこれは間違いです。確かに、桜を剪定すると、その切り口から菌が入って腐る原因になることもあります。しかし、切り口に塗る癒合剤を活用する手があるので、この点は安心してもいいでしょう。

 

桜を枯らせてしまうことを恐れるあまり、剪定を避けていては桜を健やかに育てることができません。剪定を放置すると、病気を誘発するリスクが出てきます。また、徒長枝によって樹形も乱れてくるので、狭い場所で桜を育てていたり、庭木にしていたりする場合は見た目のためにも剪定したほうがいいのです。

 

桜の剪定に適した時期を確認していきましょう

桜剪定に適した時期は、11月ごろです。この時期に剪定するのには、理由があります。

 

・落葉しているので剪定がしやすい
・切り口の痛み、腐敗を防ぐために一番適している

 

11月に行う剪定は、作業のしやすさ、そして桜にとってもよい環境であるという2つのメリットがあります。剪定する側・される側、双方にメリットがあるということです。

 

桜の正しい剪定方法は?桜を枯らさない方法と剪定でやってはいけないこと

■桜を枯らさない剪定方法

桜剪定で怖いのが、枯らしてしまうということ。そのリスクを避けるための剪定方法は、以下の通りです。

 

【間引き剪定】

1. 不要な枝を取り除いていきます。対象の枝は、枯れている枝や込み合っているもの、逆さに生えている枝など、今後の成長に必要のないものです。付け根から剪定し、切り口は直角にすることを意識しましょう。

 

2. 徒長枝の横枝にも、間引き剪定を行います。間引きとは、枝を根本の部分から切ることです。

 

●桜剪定のポイント

剪定のなかで太めの枝を間引く必要が出てきたときは、付け根で切ることと、切り口に保護剤を塗布することが大切です。太めの枝というのは、500円玉の直径より小さな枝のことです。それ以上太さがある枝、剪定バサミでは切れないような太さのものは、剪定を避けます。桜にやさしい剪定のために、使用するハサミは消毒済みのものを利用します。

 

■桜の剪定でやってはいけないこと

・桜が活発に活動する春夏や、乾燥する冬に剪定してしまう
・枝を途中で切る
・枝を切りすぎる
・太い枝を切る
・手で折って枝を除く、消毒していない剪定バサミで切る

 

これらは、桜剪定でやってはいけないことです。デリケートな桜には、正しい方法で軽い剪定を行うことが大切になります。

 

桜剪定のさじ加減がわからない、絶対に枯らせたくない…そんなときは業者にまかせて安心!

桜剪定の時期、方法を間違えることが桜の枯れにつながることがあります。

 

春になると美しい花を咲かせてくれる桜は、お庭の主役といっても過言ではありません。桜を健やかに育てていくためにも、剪定を正しく行っていきましょう。ただし、桜剪定には不安もつきものです。

 

「桜剪定を軽くやる加減がわからない」「剪定が桜の負担になって枯らせてしまったらどうしよう…」このようにお悩みの方は、剪定業者にまかせるのもいいでしょう。プロならではの技術で、安心感が違います。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

桜をもっと楽しむ方法まとめ!桜を増やす方法と病害虫の対処法

桜をもっと楽しみたいという方は、「挿し木によって増やすこと」と「病害虫に対する知識」という、2つの点にも注目してみましょう。

 

挿し木をすることによって桜を増やすことができるので、桜をより楽しめるようになります。春になるとお庭をピンクで染めてくれる桜が増えることで、より華やかなお庭になりそうです。

 

美しい桜を育てるためには、桜の健康にも気をつかわなくてはいけません。桜の体調がよくないとき、病害虫の被害にあったときは、適切な処置をしていきましょう。

 

桜の挿し木をする方法。桜をもっと増やすために!

桜の挿し木をする方法。桜をもっと増やすために!

 

●用意するもの

去年伸びた枝(10センチ程度)、水、鹿沼土、鉢

 

枝は、切り口を3時間ほど水につけておきます。その間に、鹿沼土を入れた鉢を用意しておきます。枝に水を吸わせたら、土の中に挿していきます。枝の3割程度が土から出るくらいまで、押し込みましょう。あとは、土を乾かさないように注意しておきます。根が生えて安定してきたら、仮植えを行います。

 

ご自宅の桜は大丈夫?病害虫の被害に遭ったときの対処

桜が被害に遭いやすい病害虫として、てんぐ巣病とモンクロシャチホコが挙げられます。ここでは、この2つの被害と対処、対策法についてまとめます。

 

‐てんぐ巣病

【被害】・・・細かいたくさんの枝がほうき状に発生し、花が咲かなくなってしまいます。また、放置すると木全体に被害が広がっていきます。
【対処】・・・感染した枝は根元から切り落とします。切り口には、薬を塗布します。
【対策】・・・周辺にこの病気に感染した桜がある場合は、植えることを避けます。さらなる被害防止のために、感染した枝は焼却しましょう。

 

‐モンクロシャチホコ

【被害】・・・8~9月ごろに発生、葉が食べられるのが大きな被害です。放置すると、開花にまで影響してきます。
【対処】・・・被害に遭っている葉をすべて取り除きます。
【対策】・・・6~9月ごろに薬を散布します。早めの発見が大切になるので、発生しやすい時期が近付いたら注意しておくことも大切です。

 

桜を増やしたいけど手間がかかる、病害虫の被害が大きい…そんなときは

挿し木をして桜を増やすことで、春がもっと楽しみになりそうです。比較的簡単な方法で行うことができるので、試してみてもいいかもしれません。ただし、増やした後の手入れが手間になるとお思いの方もいらっしゃるでしょう。そんなときは、自分ひとりですべてをやろうとする必要はありません。業者へ依頼することで、心強い味方になってくれます。

 

桜が病害虫に侵されてしまった…というときも同様です。自分では対処できない、何よりも害虫が気持ち悪い…。このようにお困りのときは、業者に相談してみましょう。早めの対処が桜を救うこともあります。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

桜の剪定を依頼したときの料金とは?業者に依頼するメリット

桜の剪定や害虫駆除などの依頼をしてみたいけど、お金のことがやっぱり気になる。このような方は多いのではないでしょうか?それもそのはず、お金がかかるというのは誰にとってもひっかかるもののはずです。

 

ここでは桜剪定にかかわるお金の話や、業者にまかせるメリットを確認していきます。業者依頼へ今一つ踏み出せないという方は、一度参考にしてみてください。

 

桜の剪定でかかる費用はどれくらい?業者によって料金が違うのはなぜ?

桜の剪定でかかる費用はどれくらい?業者によって料金が違うのはなぜ?

 

業者によっておもに2パターンの料金設定があるため、料金に幅がでてきます。

 

・職人一人あたりの料金
・桜1本あたりの料金

 

職人さん単位で料金が決まる場合には、その人数や作業時間によって料金が割り出されます。桜1本単位で料金が決まる場合は、木の本数、高さなどによって料金が決まります。状態によってどちらがお得かは異なります。まずは見積もりをとってみるといいでしょう。その他、オプション、主張料、処分費がかかることもあります。見積もり書をしっかりと確認したうえで、施工を依頼しましょう。

 

業者なら桜剪定だけでなく、消毒や害虫駆除も一緒にまかせられる場合も

桜を育てるなかで病害虫の発生に気づくこともあるでしょう。樹高が高い桜や被害がある程度進んでいる桜は、自分での対処が困難になることがあります。どうしようか、困った…というときは、業者にまかせることも大切です。業者のなかには、剪定だけでなく病害虫にも対処してくれるところもあるからです。

 

剪定と一緒に病気の対策や、害虫駆除を行ってもらうことで、不安で面倒なことを一気に片づけることができます。そのときの桜の状況に応じて、ベストな作業を行ってくれるのも業者に依頼するメリットです。もちろん、費用面の問題も出てくるので、そこは業者とよく相談して施工内容を決めていきましょう。

 

桜の剪定をご検討の方!まずは相談だけでもしてみませんか?

桜剪定、その他害虫駆除などの作業を検討されている方がまず行うのが、業者への相談です。とはいえ、業者とコンタクトを取るのは緊張する、お金がかかるのでは?と不安に感じている方も大勢いらっしゃるでしょう。

 

お庭110番では、皆様に安心してご相談していただける体制を整えています。

 

・無料の相談・見積もり
・見積もり後でもキャンセル可能

 

このように、見積もりや相談をする段階では料金が発生しない、安心できる仕組みです。いつでもお問い合わせください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHS OK

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-864
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼