剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 椿剪定の時期や方法、害虫対処から料金まで一挙紹介!

椿剪定の時期や方法、害虫対処から料金まで一挙紹介!

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

椿剪定の基本!剪定の時期と方法・手順をまとめて紹介します

椿は剪定の方法を間違えると枯れてしまう可能性もある、繊細な木です。また剪定の適切な時期を誤ってしまえば、翌年の花が付きにくくなることもあります。椿を剪定する前に、椿の剪定時期と正しい剪定方法について確認しましょう。剪定の時期や方法だけでなく、椿の理想的な形についても紹介していきます。

 

椿の剪定に適した時期は?

椿の剪定に適した時期は?

 

椿の剪定時期は4月から5月がおすすめです。これは、椿の開花時期や芽が出始める時期に関係しています。冬から夏にかけて椿はどのように成長するのかを見てみましょう。

 

  • ・2月~4月:開花
  • ・4月~5月:花が枯れだす
  • ・6月以降:翌年咲く花の芽がつきはじめる

 

4月から5月に剪定することで、咲いた椿の花を切ってしまうことなく、また6月ごろにつき始める花芽を切ってしまうこともありません。花が咲き終わった後の4月から5月ごろが、椿の剪定に適した時期です。

 

椿剪定の方法と手順!剪定の基本とまず行うべき剪定とは?

剪定では余分な枝葉を取り除くことで、害虫の予防や風通しを良くします。また、椿全体の見た目を整えることもできます。椿の剪定における基本は枝を切ることです。新芽や花芽は切らないようにしましょう。

 

木の剪定は大きく2種類に分けることができます。1つは「透かし剪定」、もう1つは「切り戻し剪定」です。椿剪定のメインは透かし剪定です。透かし剪定では、木にとって余分な枝を付け根から切り落とします。これによって風通しもよくなり、結果害虫予防などに繋がります。

 

椿の剪定では「徒長枝」「内側に伸びた枝」「交差している枝」「古い枝」「いくつかに分かれている枝」「チャドクガの卵がついている葉の枝」を付け根から切り落とします。なぜこれらを切り落とすのかを説明していきます。

 

【切るべき枝】

 

・徒長枝

これは枝が分岐することなく伸び、他と比べても長く伸びている枝のことです。椿の見た目のバランスが悪くなるため切った方がよい枝です。

 

・内側に伸びた枝

これは、外側ではなく主幹に向かって伸びている枝のことです。この枝を放置しておくと木の中心部分が混雑してしまうため切った方がよい枝です。

 

・交差している枝

これは他の枝と交差している枝のことです。放っておくと中心側の日当たりが悪くなり、風通しも妨げられます。交差しているうちのどちらかを付け根から切り落としましょう。

 

・古い枝

もう葉や芽がついていないような古い枝を見つけたときは切り落としましょう。このとき枝の途中から切り落とすと、その切り口から椿が枯れてしまうことがあります。切るときは付け根から切り落とすようにしましょう。

 

・いくつかに分かれている枝

枝先がいくつかの枝に分かれているものは、風通しの妨げになります。切るときは分かれ目から1本が残るように切り落とします。

 

・チャドクガの卵がついている葉の枝

チャドクガというのは害虫の一種です。非常に危険な毒を持っており、卵にもその毒があります。チャドクガの卵が葉についているのを見つけたときは葉だけでなく、葉のついた枝ごと付け根から切り落としましょう。

 

樹形を整えたいときは「切り戻し剪定」も行いましょう

切り戻し剪定は透かし剪定と大きく異なり、枝を途中から切る剪定方法です。椿の場合は、枝を途中から切るとその部分から枯れてしまうことがあるため切り戻し剪定はあまり行いません。しかし、樹形を整えたいときには切り戻し剪定をおこないます。

 

椿はひし形やダイヤ型にするのが理想といわれています。うまくこれらの形に整えることができれば、見栄えが非常によくなります。しかし、枝の途中から切ることで枯れることもある椿を自分で整形するのは少々難しい作業です。

 

椿剪定に不安を感じる…そんなときは業者依頼が確実!

椿の剪定時期は、開花した花が枯れ始め花芽が付き始めるまでの間と非常に短いです。品種によって開花時期が多少異なるため、その見極めが必要です。椿は剪定方法を間違えると枯れてしまう可能性のある繊細な木です。ひし形やダイヤ型といった理想形にするのにも技術が必要になります。

 

椿の剪定を自分でするのは不安、剪定時期が短く自分でやるには都合が合わないという方は、業者への依頼をおすすめします。24時間365日対応の当サイトをぜひご利用ください!

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

椿の育て方をまとめます!恐ろしい害虫の対処方法と困ったときのQ&A

椿を健康に育てるためには正しい育て方を知っておかなければなりません。また椿を育てているなかで、害虫被害にあう可能性は否定できません。ここでは椿を美しく育てるためにおさえておきたいポイントや、避けては通れない害虫駆除、困ったときのQ&Aを紹介します。これから椿を育てようと考えている方もぜひ参考にしてみてください。

 

椿の育て方とは?主に必要なお手入れをまとめます

椿の育て方とは?主に必要なお手入れをまとめます。

 

●正しい植え替え

椿は正しい時期、方法で植え替えしなければ健康に育ってくれません。ここでは庭へ直接植え替える方法について紹介します。

 

椿の植え替えに適した時期は3月中旬から4月、または9月中旬から10月中旬ごろです。3月中旬から4月は花後であるため、9月中旬から10月中旬はまだ花芽が固まる前であるため、植え替えに適しています。

 

椿の植え替えにおいて重要なのは日当たりです。椿は比較的日当たりの悪い場所であっても育ちます。そのため日陰を気にすることはありませんが、日が当たりすぎることで枯れてしまうことがあります。とくに西日は椿にとって悪条件なので、植え替え場所は西日が当たらない半日陰程度の場所にしましょう。水はけのよい場所を選ぶことも大切です。

 

 

【椿の植え替え手順】

 

・苗を入れるために土を掘る

根鉢よりも2倍ほどの範囲、根鉢がちょうど収まる程度の深さを掘ります。

 

・掘り出した土に腐葉土を混ぜる

掘り出した土7割、腐葉土3割ぐらいを目安に混ぜましょう。

 

・混ぜた土を入れる

混ぜた土のうち3割程度を穴へ入れましょう。

 

・穴へ苗を入れる

根についていた土を1/3ほど崩してから、穴へ入れた土の上に置きましょう。

 

・残りの土を周りに入れる

土を入れる目安は根鉢の高さあたりまでです。

 

・シャベルで土を固める

土が柔らかく苗がぐらついてしまわないように、シャベルで土を固めます。

 

・支柱を添える

土になじみ根が張るまでに、椿がぐらついたり傾いたりする可能性もあります。それまでは支柱を添えて支えましょう。支柱は木にちょうど沿うように土にさし、ビニールバンドを使って数か所固定します。

 

・水をあげ肥料を置く

苗と土がなじむように水をかけます。その後、肥料を土の上に置きます。

 

 

●水と肥料について

水やりの頻度や肥料の種類は、椿を丈夫に成長させるために重要です。植え替えをしてから約2年間は、土が乾いたときにたっぷりと水をあげましょう。花が咲く時期にはいつもよりも多くの水分が必要になりますので、少し多めに水をあげます。

 

植え替えから2年ほど経てば、わざわざ水をあげる必要はなくなります。しかし、あまりにも雨が降らない時期が続いた場合には水をあげましょう。肥料は緩効性肥料を使います。株元の周りに置きましょう。

 

害虫被害に遭いやすい椿…厄介なチャドクガの特徴と対処法

椿を育てるうえで悩まされるのがチャドクガという害虫です。チャドクガはツバキ科の植物に寄り付き、みるみる葉を食べつくしてしまう厄介な害虫です。また毒を持った毛を全身にまとっており、この毛が刺されば発疹が出てしまいます。また成虫だけでなく卵や幼虫にも毒の毛がついているため、卵を見つけた時点で処理しなければなりません。

 

●チャドクガを見つけたときは

チャドクガの成虫や卵が葉っぱにいるのを見つけたときは、その葉がついている枝ごと切り落とします。毒の毛が刺さってしまわないために、足先から頭の先まで肌を出さないようにして作業しましょう。切り取った枝は誰かが触ってしまわないように、ビニール袋へ入れて処分します。

 

●予防方法と幼虫の対処

チャドクガのいる葉を枝ごと処分した後は、薬剤を散布することで幼虫の発生を防ぎましょう。オルトラン系の薬剤やベルカ系の薬剤を使用するとよいです。また幼虫がすでに発生してしまったというときは、毒針凝固剤を使用するとよいです。木に残った毒針を固めてしまいましょう。幼虫駆除に薬剤を使う場合でも、肌を露出しない格好でおこなうようにしてください。

 

椿の花が咲かない、何年も放置した椿…。困ったときのQ&A

Q 椿の花が咲かないときの対処は?

 

 根切りをしましょう。花後である3月中旬から4月ごろにおこなうとよいでしょう。根切りをすることで、根から水分が吸収されるのを抑えられるため花芽が付きやすくなります。

 

 

Q 椿を何年も放置してしまったときの剪定はどうすればいい?

 

 まずは椿全体を見て、好みの形になるように樹冠を整えましょう。長い間剪定されてこなかった椿は、内部が枝で密集しています。形を整えた後は密集した枝を間引いていきましょう。間引く枝の選び方は、透かし剪定の際に切り落とす枝の種類を参考にしてみてください。

 

椿の美しい花を守るために!定期的な剪定はプロにおまかせ

椿を健康な状態に保ち、毎年美しい花を咲かせるためには、剪定以外にもこまめなお手入れが必要です。お手入れというのは、上にご紹介した通りひとつではありません。

 

害虫の対処、花が咲かないといった椿の状態に合わせた対処が必要で、手間と体力のいる作業になります。そのため、なかなか定期的におこなえない…、正しく手入れできているか不安…という方もいらっしゃると思います。

 

椿を美しく健康的な状態に保つために、お庭のプロへ依頼するのも一つの手です。手間がかからない、大切な椿を安心してまかせられる業者へ相談してみませんか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

椿の剪定を依頼したときの費用ってどれくらい?信頼できる業者の見分け方

椿の剪定を依頼するためには、まずどれくらいの費用がかかるのかを確認しなければなりません。業者により費用が異なることもあり、どのようにして信頼できる業者を見分けたらよいのか迷ってしまうと思います。

 

椿の剪定を依頼する前に、まず確認しておきたいポイントについて知りましょう。ここでは剪定にかかる料金、安心してまかせられる業者選びについて紹介します。

 

椿の剪定でかかる費用の計算方法--2パターン

椿の剪定でかかる費用の計算方法--2パターン

 

椿の剪定を依頼した場合、いったいいくらかかるのか…そうお考えの方も多いと思います。どの程度の費用がかかるのかを調べるために、剪定業者のホームページを確認してみても、なかなか料金にばらつきがありわからないかもしれません。業者によってなぜ料金が異なるのでしょうか?それは、何を基準に料金を設定するのかによって左右されるからです。料金設定の仕方は大きく2つあります。

 

【パターン1】対応する職人の数や対応時間によって料金が決まるパターン

 

庭の広さや椿の本数を基準とせず、職人が何人で対応するのか、剪定完了にはどの程度の時間がかかるのかによって料金を設定するパターンです。

 

 

【パターン2】椿の本数や高さ、生垣によって料金が決まるパターン

 

対応する職人の数や剪定にかかる時間を基準とせず、椿の本数や高さ、生垣かどうかなどによって料金を設定するパターンです。

 

このどちらのパターンで料金を設定している業者なのかによって、同じ施工内容なのにかかる費用が違うケースが出てきます。また、椿に害虫がいるなど特殊な状況の場合は、さらに料金が必要になることもあります。一度業者へ直接確認して、正確な料金を出してもらうと安心です。

 

椿の剪定に対応してくれる業者はたくさん!数ある業者からどこを選ぶべき?

剪定業者と検索すると、非常に多くの業者が見つかると思います。椿に対応している業者は非常に多く、何をポイントに選べばよいのか迷ってしまうことでしょう。できれば納得のいく値段で剪定をしてくれる優良業者を選びたいものです。優良業者を見つけるために、確認したいポイントがいくつかあります。

 

 

  • ・これまでにさまざまな剪定をしてきた実績はあるか
  • ・見積もり価格が適切か
  • ・見積もり内容に関してきちんと説明をしてもらえるか
  • ・こちらの要望や悩みなどについて相談に乗ってくれるか

 

 

これらのポイントを押さえている業者であれば安心してまかせることができるでしょう。まずは数ある業者の中から、以上のことを確認してみましょう。

 

椿の剪定に関する相談・見積もりはだれでも気軽にできます

椿の剪定方法や時期、育て方などについての知識を得たとしても、なかなか自分で剪定しようとすると難しいということがあるでしょう。また椿剪定について疑問に思うこともあるかもしれません。

 

お庭110番では、24時間365日受付窓口で対応しております。椿の剪定に関するご相談はいつでも気軽におこなえます。些細な質問やお悩みも、いつでもご相談ください。ご相談はもちろん、無料の見積もりもおこなっております。見積もり確定後に追加料金が発生することもありませんので、多くのお客さまに安心してご利用いただいております。

 

また、見積もり後のキャンセルも可能。「まずは料金だけでも知りたい」「料金を確認してから施工を決めたい」このようなご希望をお持ちの方もお気軽にご利用いただけます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!