雑草の草刈りを楽に!便利グッズをまとめて紹介します|伐採・草刈り(草取り)・草むしりなどお庭のことなら1000円~|お庭110番
剪定、伐採、間伐、草刈り(草取り)、草むしり、芝刈りなら【お庭110番】TOP > 雑草の草刈りを楽に!便利グッズをまとめて紹介します

雑草の草刈りを楽に!便利グッズをまとめて紹介します

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

雑草の草刈りを楽に!効率よく!便利かつおすすめの道具を一挙ご紹介

気づいたら伸びている雑草は、すべて刈ろうと思うとなかなか根気のいる作業です。時間も手間もかかるので、草刈りは少しでも楽に早く終わらせられれば誰だって嬉しいもの。

 

 

手早く済ませてしまいたい面倒な草刈りは、便利グッズを使うことで何倍も早く終わらせることができます。インターネットショッピングやホームセンターで手軽に取り入れられるグッズをご紹介しますので、ちょっとでも簡単にしたいという方は参考にしてみてください。

 

 

面倒な草刈り…とにかく楽に作業したい!おすすめの便利グッズ7選

面倒な草刈り…とにかく楽に作業したい!おすすめの便利グッズ7選

 

 

面倒な草刈りをどうにかして楽にしたい!という方に向けて、草刈りの手間を格段に減らせる便利グッズを7つ紹介します。

 

 

 

 

【作業時に役立つグッズ】

・ねじり鎌

細かい草がたくさんある場合におすすめなのがねじり鎌です。最小限の力で草を刈ることができる優れものです。利き手とは反対の手で草をつかみ、利き手で持った鎌で根元を切り取ります。

 

  ・草刈り機

お庭が広い場合にも、電力を使って一気に草を刈ることができます。重いので男性に向いているイメージですが、スリムな形状で肩にかけて使えるタイプなど、女性でも使いやすいタイプも登場しています。

 

  ・三角ホー

先がとがっているので、根本を簡単に切り取ることができます。また、柄が1メートル~2メートルと長いので、長時間の作業でも負担が少ないです。腰を曲げるのがつらい方にも使いやすく、作業効率もアップします。

 

  ・草削り

刃で土をひっかくようにサクサクと草刈りできます。三角ホー同様に柄が長いので負担が少ないです。短く細い、伸び始めたばかりの草があるときにおすすめです。

 

 

 

 

【作業後に役立つグッズ】

・竹ぼうき

鎌などで刈った草を一か所にまとめる際や、台車の中に雑草を入れたいときに役立つ道具です。地面に散乱している雑草を掃くような感覚で草をまとめます。

 

  ・熊手

竹ぼうきと同様に使用します。手の部分が横に広がっているので、竹ぼうきよりも草を集めやすいです。柄が長く、調節できるものもあるので、腰を曲げずに作業したいときにも便利です。

 

  ・台車

刈った雑草を楽に運び処分することができます。刈ったあとの雑草をその場に放置しておくと、種子が落ちて草が増えたり、虫が群がってしまったりすることがあります。刈ったら処分することを心がけたいです。

 

 

草刈りするときは肌を守って!用意したほうがいい「身に着けるグッズ」

草刈りをするときはなにかと健康が懸念されます。女性にとってはお肌にダメージを与える紫外線が気になりますし、ご高齢の方はとくに中心に熱中症も心配です。さらに虫刺されなどの害虫被害も気になります。雑草の成長が早い時期は春・夏であり、炎天下の中作業をすることもあるので、体はしっかりと守りたいものです。体を紫外線や熱中症から守るために、身に着けたい服装・グッズをご紹介します。

 

  ・長袖の上下

虫刺されや紫外線を防ぐためにも、長袖の上下服は必須です。首が隠れるシャツを着るか、タオルを巻くなどして首元まで覆うようにしましょう。

 

  ・ゴム製の長靴

とくに雨あがりのあとの作業では足元が滑りやすくなっているので、滑り止めの長靴を履いて作業をします。

 

  ・ゴム手袋

草刈り機を使うときに重宝します。重量のある草刈り機は落とすと危険ですので、滑り止め機能の付いたゴム手袋で覆って落とさないように予防します。

 

  ・ゴーグル

虫から顔を守るために便利な道具です。また、草刈り機を使う場合に飛び散る雑草から顔を守ってくれる役割もあります。

 

  ・つばの長い帽子

暑い日にはつばの長い帽子が活躍します。暑い日差しを避けることができ、顔周りに害虫がやってくるのも防ぐ効果があります。

 

 

雑草の草刈りを効率よく!負担を軽減させるための選択肢3つ

安く楽に草刈りを済ませたいときには便利グッズが有効です。さらに草刈りを気軽にする方法が3つあります。

 

 

1つ目は草刈りの時期を選ぶこと。雨が降った翌日は地面が柔らかくなっており、草取りが格段に楽で早くなります。

 

 

2つ目の除草剤はとても便利です。液体や固体の薬剤をお庭に散布し、あとは雑草が枯れるのを待つだけという、とてもシンプルで手間のかからない方法です。しかし、多種多様な薬剤の中から適切なものを選ぶのは難しく、庭木や花、野菜も枯らしてしまう危険性があるので、取り扱いには注意しましょう。

 

 

最後の方法ですが、業者に頼んでしまう方法です。電話するだけで手間なく草刈りが終わります。また、草刈りのプロの手にかかれば、自分でやるよりも雑草をきれいに処理することができるでしょう。自分での作業を面倒に感じる方は、一度お見積りしてみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

雑草の草刈りを依頼したときの料金! 自分か業者か迷っている方におすすめなのは…

便利グッズを使ってもやっぱり草刈りは面倒くさい!そう感じたときの最終手段は草刈り業者です。業者に頼めば自分で手間をかける必要は一切なく、草刈りのプロの手で早く、効率的に草がなくなります。

 

 

しかし気になってしまうのが費用です。「自分で作業すればお金がかからないのに、業者に頼めば費用がかかる…」こういった理由で悩む方も多いのではないでしょうか?業者の費用やメリットを知ることで、案外業者でもお得に草刈りできることに気づくかもしれません。自分か業者か迷っている方は、料金の決まり方や草刈りを依頼するメリットをチェックして決めましょう。

 

 

草刈りを業者に依頼した場合の料金はどう決まる?

草刈りを業者に依頼した場合の料金はどう決まる?

 

 

草刈りの費用は業者によってさまざまですが、「面積」「作業量」が料金設定を大きく左右しています。

 

  ・面積

広範囲の雑草を刈る場合にはそれだけの手間と時間がかかるので、費用が高くなります。また、お庭の広さによって使う道具が変わる点も費用を左右するポイントです。草刈り機を利用するか、手作業でおこなうかなどで費用が変わる場合があるのです。

 

 

  ・作業量

雑草の量や草刈りにかかる時間が費用の決め手となることもあります。たとえば、草が長く大量に伸びている場合や、手早く終わらせたい場合には、多くの人数を要するので費用が高くなる可能性もあります。

 

 

その他に、基本料金以外でも費用がかかることがある点には注意が必要です。草刈り後に防草シートや砂利などを使った予防をしてもらうときは、その分の費用が追加されます。ほかにも、遠い場所へ業者が出向くときには出張費、高所作業や特別な重機を使用する際の重機の費用、雑草を処分する費用などがかかるケースもあります。

 

 

業者によって追加費用の料金も違うので、見積もりをとるなどして総合的な費用を比較することが大切です。

 

 

草刈りにはメリットがたくさん!面倒でも作業を放置しないで

草刈りが面倒だからといって雑草を放置しておくと、見た目が悪いだけでなく、害虫が増える、庭木や野菜の成長を妨げるといったことにつながってしまいます。こういった問題を避けたいと思って自分で作業すると決めても、炎天下の中の作業は健康面の心配や、虫刺されや腰への負担といった問題があります。

 

 

これらの問題をすべて解決するのが業者です。業者柄の依頼には、自分でやる面倒もなく、健康面の心配がすべてなくなるメリットがあります。

 

 

草刈り後のトラブルを回避できるのも業者ならではのメリットです。定期的に草刈りをすると、ついやりすぎてしまうことがあります。草を刈りすぎると害虫が増えてしまうかもしれません。草を刈りすぎることでほかの植物に日が当たりやすくなり成長することによって、その植物を鉱物とする害虫が増えるというケースがあるようです。

 

 

加減が難しい草刈りは、プロにおまかせするのが一番といえます。どの程度根元を残して刈るのか、いつの時期に虫が発生しやすいのかといったことを考慮して作業をするので、草刈り後のトラブルを回避することができるのです。

 

 

草刈りは自分?それとも業者…?無料見積もりの内容で判断してみる!

自分でやることもできる草刈り。ただし業者に頼るという選択もできます。お金がかかるからとためらってしまいがちな業者への依頼は、見積もりを依頼し業者比較することで思っているより安く済むかもしれません。サービス内容や提示料金を見てみると、自分でやる場合よりメリットが大きいことに気づくということもあるでしょう。

 

 

自分でやるか業者依頼をするか迷っている方は、一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

 

 

弊社では無料見積もりのご依頼を承っております。無料のお見積もりなら、「業者を利用するかはまだ決めていない」という場合にも気軽に試すことができます。さらに、ほかの業者様と相見積もりしていただくことも可能です。「業者を比較して相場を知りたい」という場合にも、ぜひ一度お見積もりをご依頼ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!