梅の剪定はいつどうやって?方法や時期、業者の費用も

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

梅の剪定時期は夏と冬!花後に切るのは適切なのか?

梅の剪定は年に2度おこない、それぞれに大切な役割があります。種類や木の状態によって時期に多少の違いはありますが、剪定の目的や大まかな流れは同じです。初めて梅剪定をする方は、まずは剪定の大筋をつかむことからはじめましょう。

 

毎年剪定をおこなっているというベテランの方も、やり方を再確認しながら剪定の時期を振り返ってみましょう。夏剪定と冬剪定の違い、選定をおこなうタイミングの計り方、業者にまかせるべきときの判断基準などをご紹介します。

 

夏季剪定・冬季剪定の具体的な時期

夏季剪定・冬季剪定の具体的な時期

 

梅の木の剪定は夏と冬におこなうのが理想とされています。夏季剪定と冬季剪定の目的や大まかな流れを確認しながら、違いを知りましょう。

 

・夏季剪定

7月~夏の間におこなう剪定です。夏の枝や葉が生い茂る時期に、日当たりをよくして栄養が十分に行き届かせるためにおこないます。間引き剪定が中心になります。

 

・冬季剪定

12月落葉後~芽吹くまでにおこないます。古い枝には梅の実や花は付かないため、古い枝を剪定し、新しく枝が伸びてくるように促します。夏季剪定とは違い、実の付き具合、花の付き具合を調節する目的もあります。

 

梅を育てるうえでとくに欠かせないのは、冬季剪定です。その理由は、春に樹勢を取り戻す前に剪定をして枝の形を整えておくことで、美しく、健康的な成長を促進できるからです。

 

また、葉が落ちた後の木は枝の状態が見やすいので、今後も必要な枝と切り落としてもよい枝を的確に判断しながら剪定をすることができる、樹勢がとどまっているので木を痛めることなく安心して剪定できる、という点でも、冬は梅の木にとって適切な剪定時期といえます。

 

梅の剪定を花後に切るのは間違い?その答えとは…

先ほど夏と冬が梅の木にとってベストな剪定時期だとご紹介しましたが、「ほかの時期におこなってはいけないのか?」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。また、夏・冬の時期以外にもどうしても剪定しなければならない状況に陥ることもあります。

 

適切な剪定時期を待てない場合は、ほかの時期に剪定することも可能です。しかし、梅が開花した後に枝を切ってしまうと、翌年に花を咲かせなくなってしまう可能性がある点には注意が必要です。

 

庭木の梅の場合、花芽の数が確定するのは7月・8月とされています。この花芽は10月ごろまで待たなければ安定しません。夏を通り過ぎる前に花芽がある枝が切られると、梅の木は切られた分枝を伸ばそうとして花芽を葉芽に変えてしまうので、結果として春になっても花が咲かなくなるのです。

 

しかし、盆栽や鉢植えであればそれほど樹勢が強くないため、花後に切ることも問題ありません。安心してお手入れをしましょう。

 

梅の剪定は、こんなときにプロにまかせてみるのもいいでしょう

梅の木の剪定には適切な時期があり、樹形をよくするだけでなく、花を咲かせ実を収穫するためにもしっかりと見極める必要があります。「梅の剪定時期を逃してしまった!」「剪定時期はちょうど忙しいから大変…」「冬の剪定は体に堪える…」など、さまざまな理由で梅の木を放ったらかしにしておくと、健康的で美しい木にするのは難しいです。

 

剪定時期にお手入れができないけれど春にはきれいな梅を咲かせたい!このようなときは剪定のプロにまかせれば楽でもあり安心です。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

梅の剪定方法と流れを紹介!安全のために注意点も合わせてチェック

「桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿」ということわざでも言い表されているとおり、梅の剪定は非常に重要です。梅にはほかの木と同じように、さまざまな害虫がやってきます。

 

枝を間引いて日当たりを良くし風が通るようにしておかないと、虫が蔓延し、病気や枯れの原因になります。また、伸びっぱなしになっている徒長枝を放置しておくとほかの枝が成長しにくくなってしまうこともあり、花や実の付きが悪くなってしまいます。

 

このように、美しい梅を目指す方にとって剪定作業はとても大切です。剪定するうえで知っておくべき知識である、基本的な剪定方法や流れ、注意点を確認しましょう。

 

梅の剪定方法と流れをまとめます

梅の剪定方法と流れをまとめます

 

梅の剪定では、剪定すべき枝だけを正しい方法で切ることが重要になります。基本的な作業方法をご紹介します。

 

【剪定すべき枝とは?】

  • ・枯れてしまっている枝
  • ・内側に伸びてしまっている枝
  • ・根元に生えてくる若い芽(ひこばえ)
  • ・徒長枝など、ほかの枝と交差している枝

 

 

【強剪定の方法】

花が咲き終わってすぐの4月~6月には、強剪定をします。古く、太めの枝を切ってあげることで、次の年に花や実がよく付くようになります。伸びた枝を短く整えるように、3分の2程度の長さを思い切り切りましょう。そうすると、芽が5つほど枝に残ることでしょう。

 

枯れた枝に今後花や実は見込めませんし、内側に伸びている枝や徒長枝は美しい樹形の妨げになります。蕾がある場所や量を確認しながら、余分な枝を剪定していきましょう。

 

梅の剪定で気をつけなくてはいけないこととは?

梅を剪定するときには、以下のポイントに注意しましょう。

 

 

  • ・枝が固いので剪定バサミでも切れないことがある
  • ・短くとがった枝には注意する
  • ・作業には三脚をつかう
  • ・けがをしにくい服装で作業する

 

 

枝が固いと、剪定用のハサミとはいえ簡単には切り落とすことができません。思い切り力を入れた拍子に枝が勢いよく落ちてきたり、ハサミが思わぬ方向に動いてしまってうまく切れないことがあります。固いからといって力任せに切らないようにしましょう。

 

枝は鋭いので、不注意で足にささることが考えられます。また、高い場所にある枝を切る場合、背伸びして剪定するのは不安定で危険なので脚立が必須です。けがの危険から身を守れるよう、長袖長ズボンでしっかりとした靴を履くなどできるだけのけが予防をして剪定をはじめましょう。

 

梅の状態に合わせて剪定することも大切!そのためにはプロの目が必要

剪定をするときは、梅を植えてからの年数、時期やその地域の気候など、さまざまな面を考慮して剪定をすることが重要です。とくに冬季剪定は花芽に注意して必要な量の枝を切るのはなかなか難しく、腕と経験がものをいう作業です。梅の状態によっては適切な剪定時期がズレたり、方法が変わってくることもあり、一歩間違えれば花が咲かなくなってしまう原因になるかもしれません。

 

初めて梅を育てる方、自分での剪定が不安な方は剪定のプロにおまかせしてみてはいかがでしょうか?失敗を恐れる必要がなく、そのうえ手間をかける必要もありません。自分では難しい梅のお手入れは、業者に頼めば安心です。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

梅の剪定を依頼したときの料金

梅を自分で上手に剪定する自信がない、冬季剪定が大事なのはわかるけど寒いし面倒だ、と感じればやはり業者への依頼を考えることでしょう。しかし、費用が気になってしまう方も少なくないのではないでしょうか?また、安心してまかせられるか、というのも重要なポイントです。

 

ここでは、業者が費用を決めるときの基準と業者の選び方をご紹介します。業者選びが仕上がりや費用を大きく左右することもありますので、しっかりと見極めてご自身にぴったりの業者を選びましょう。

 

梅の剪定でかかる費用の計算方法

梅の剪定でかかる費用の計算方法

 

梅を業者に剪定してもらうときは当然費用がかかります。その費用は業者によってさまざまですが、多くの業者が以下の2つを費用を決める基準としています。

 

 

  • ・職人さんの人件費で決まる
  • ・木に対して決まる

 

 

1つ目の基準では、剪定にかかわる職人さんの人数や、作業時間が費用を左右します。2つ目の基準では、剪定する木の本数や高さによって料金が決まります。このように業者によって費用の決め方が違うので、同じ状況でも依頼先によって剪定費用が大きく変わることがあります。

 

ほかにも、剪定した枝を処分してもらうための料金など、オプション料金が発生することもあります。細かい料金設定が知りたい!というのであれば、業者に見積もりを依頼し、実際にかかる費用を計算してもらうことをおすすめします。

 

梅の剪定はどこに依頼すると安心?信頼できる業者の選び方

いくら費用が気になるといっても、料金設定の安さだけで選ぶのは得策とは言えません。業者を選ぶときは、料金のほかに4つの点をチェックしましょう。

 

 

  • ・過去に梅剪定で実績がある
  • ・価格が適切に設定されている
  • ・剪定に納得がいかなければ剪定しなおしてくれる
  • ・庭木に詳しく、気軽に相談できる

 

 

信頼できる業者にはこのような共通点があります。梅の剪定を数多くこなしていればノウハウがあると言えますし、価格が高すぎず、安すぎないことも重要です。剪定に責任を持っている業者ならば、納得がいかないときにはやり直してくれるでしょう。

 

また、お客様に寄り添って親身に相談に乗ってくれるような態度も、よい業者の特徴です。これらの点を参考にして、数ある業者のなかからベストな選択をしましょう。

 

梅の剪定をする前に、まずはお見積りからはじめてみませんか?

業者に依頼するときは、なによりもまず見積もりで明確な料金や施工内容を知ることが大切です。

 

お庭110番では、お見積りを無料でご依頼いただけます。「ほかの業者と比較がしたいのでとりあえず料金だけ知りたい」「自分で剪定するか剪定のプロにまかせるか迷っているのでまずは費用が知りたい」という方も安心してご利用ください。

 

また、見積もりで料金が確定した後は追加費用が一切かかりませんので、弊社でのご依頼を決めていただいた後もご安心いただけます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

上枠

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

私たちが24時間365日サポートいたします

通話料無料!携帯電話・PHS OK

0120-949-864

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-864
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼