TOP> 最新情報・レポート> モッコク剪定の時期と方法|庭木の王様が風格アップ!育て方のコツ

最新情報・レポート

モッコク剪定の時期と方法|庭木の王様が風格アップ!育て方のコツ

モッコクの剪定時期は真夏を避けた6~7月と10~11月頃で、剪定方法は「透かし剪定」が最適です。

成長速度がゆるやかなモッコクですが、剪定不足で枝が混み合うと最悪枯れてしまうおそれがあります。また、時期を誤ったり枝を刈り込みすぎたりすると花が咲かないことも……。適期に正しく手入れをすることで、病気や害虫を防ぎ、「庭木の王様」と言われるモッコクの風格ある姿を楽しむことができるのです。

今回はそんなモッコクの剪定の仕方と育て方のコツをご紹介しますので、ツヤのある葉や実が目を引く素敵なシンボルツリーとなるよう、ぜひ参考にしてくださいね。

育てやすさで人気のモッコクは大きく育つ庭木でもあるため、剪定時の労力や見映えの面からプロに任せる方も多いようです。後半では、意外と知らない剪定業者選びのコツや料金相場についてもお伝えしますので、業者依頼に不慣れな方のお役にたてれば幸いです。

モッコクの剪定 ご相談ください!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

モッコクの剪定時期と剪定方法

枝や葉がよく茂るモッコクは、剪定をすることでくまなく太陽光を浴びやすくなり、全体の風通しもよくなるため病害虫の予防になります。また、剪定で樹形をきれいに整えれば、シンボルツリーとしてますます目を引く美しさに育てることができます。

モッコクの剪定時期は初夏と秋

モッコクの剪定時期は初夏と秋

モッコク剪定の時期は、初夏の6~7月(花が散ったあと)と、秋の11~12月(木の休眠前)が適期です。
モッコクは比較的成長が遅い樹木ですので剪定頻度は少なめで大丈夫ですが、放置しすぎると枝が混み合って弱ってしまうため、最低でも年に1度は剪定してあげましょう。また、花芽を切り落とすのを防ぐため適期以外の剪定は控えることが大切です。

正しい手入れをしてあげることで病気や害虫の被害を予防し、花が咲かない・実がつかないといったトラブルも防ぐことができます。

剪定時の注意点

先述のようにモッコクは庭木の中でも成長がゆるやかな種類のため、強剪定は不向きです。また、花芽が枝先につく傾向ですので刈り込み剪定も不向きで、今回ご紹介する透かし剪定がモッコクには最適です。

元の樹形が大きく変わるほど太い枝を切り詰めてしまったり、枝を刈り込みすぎたりすると、次の芽を出すまでに時間がかかり樹勢が落ちてしまうので注意してください。

モッコクに似たモチノキも剪定時期は同じだが……

モッコクと同じ常緑樹で、赤い実を付けるため間違いやすいのがモチノキです。剪定する時期も似ていますが、1つ大きな違いがあります。モチノキは2月に強剪定をおこなうケースがあり、本当はモッコクなのに間違って剪定してしまうと花芽が減ってしまいます。

見分けるポイントは葉の付き方と色、形にあります。モッコクの葉は枝先に集まっており、葉の付け根や新葉が赤っぽい色をしていますが、モチノキは黄緑色であることが多いです。また、葉先を比較するとモチノキの方が尖っています。これらの特徴を確認してみるとよいでしょう。

剪定に必要な道具

スムーズに作業を進めるために、あらかじめ以下の道具を揃えておきましょう。

  • 剪定ばさみ
  • 植木ばさみ
  • 刈込ばさみ
  • ノコギリ

剪定ばさみ

植木ばさみ

          

剪定ばさみは、基本的に直径1.5cmほどの茎を切断することができます。植木ばさみは、直径1cmまでの太さの枝であれば切断可能です。

それ以上の太さの枝を切るときは、ノコギリや刈込ばさみがオススメです。道具は園芸用品店やホームセンター、ネット通販で購入できます。ものによって重さが違うため、使いやすいものを選びましょう。

刈込ばさみ

替刃式剪定ノコギリ

モッコクの剪定の仕方|透かし剪定のコツ

花付きよくきれいな樹形に整えるために、モッコクは「透かし剪定」という方法で剪定していきます。透かし剪定とは、下記のイラストのように不要な枝のみを間引いて全体のバランスを整える剪定法です。

モッコクの剪定の仕方|透かし剪定のコツ

このように、強剪定のような幹以外のほとんどの枝を落とす方法や、刈り込み剪定のような枝先のみをカットして表面を整える方法とはまったく違い、花がつく枝先をきちんと残しながら樹形を整えることができます。

透かし剪定では弱った枝や不要な枝を中心に間引いて、株の内部への日光と風通しをよくしていきますが、その際に取り除きたい枝の特徴は下記のようなものです。

透かし剪定で間引く枝

  • 枯れたり傷んでいる枝
  • 徒長枝(メインの枝から上へまっすぐ不自然に伸びている枝)
  • 胴吹き(幹やメインの枝の途中に生えた芽。細長い小枝になる)
  • そのほか交差枝、平行枝、絡み枝、下がり枝など

このような枝は無駄に養分を奪ってしまうので、根元から間引いたり、適度に切り戻したりしてあげましょう。メインの枝より若いため、色でも見分けることができるはずです。

残す枝を迷ったときは、モッコクをコンパクトにしたい場合は勢いの強い枝や長い方の枝を切る、大きく育てたいなら長い枝を残すと覚えておくとよいでしょう。

剪定中「これは徒長枝っぽいけど、切らなくていいかも?」と迷うこともあるかと思います。そんなときは葉のボリュームをまわりの枝と比べたり、手を止めて視点を変えてみるのもよいかもしれません。

不要な枝を見極めるコツは、できるだけ木の幹近くの真下から見上げて、葉の量を確認することです。枝や葉が密集している場所は外側からでは判断しづらいため、内側からも見て全体のバランスを整えていきましょう。

自分での剪定が難しいケースとは

モッコクの剪定は少ない頻度でほどほどにおこなえばよいため、比較的簡単と言われていますが、「美しい樹形に整える」という点では難易度が高めかもしれません。

というのも、モッコクは地面から垂直に幹を伸ばすため、少しのバランスの崩れが目立ってしまうのです。また、花芽がつくのが枝先ですので、慣れない剪定でモッコクの花が咲かなくなることも少なくありません。成長が遅いだけに、ウッカリ失敗するとその状態が長期間続くのもつらいところです。

モッコクは最大10メートル以上に成長する樹木のため、庭先でも6メートル前後まで育つケースがあります。そういった場合の剪定は高所でおこなうことになるため、作業の難しさや転落の危険を痛感される方も多いでしょう。

モッコクが立派に育っているお宅ほど、道具の準備から最後の癒合剤によるケアまでやってくれる業者に依頼することは、効率的で安全な選択肢であるといえます。

「大量に出る剪定ゴミの処分まで考えると頭が痛い」という方も、全て引き受けてくれる業者を一度試してみるとよいかもしれません。

モッコクの剪定 ご相談ください!
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

モッコクを立派なシンボルツリーに育てるコツ

庭木の王様モッコクは手間をかけず育てられるのが人気の理由のひとつですが、意外と弱点が多い樹木でもあります。また、モッコクには雄雌があり実をつける種類とつけない種類が存在します。そのため、あらかじめ種類や生育環境、手入れのタイミングを知っておくことが大切です。
それでは、モッコクが元気に花いっぱいになる育て方のコツを見ていきましょう。

モッコクがよく育つ環境を知ろう

モッコク剪定には2種類!必要な道具は?

モッコクを育てるうえでの注意点は以下の3つです。

  • 耐寒性が低い
  • 寒風が直撃する場所は苦手
  • 直射日光が当たりすぎる場所も苦手

モッコクは潮風や大気汚染には強いとされていますが、厳しい寒さに弱い樹木ですので、ある程度日当たりがよい場所で育てるようにしてください。北風が当たる場所や、吹きさらしになる場所だと枯れてしまうおそれがあります。

また、強い日差しが1日中続く環境も葉が変色して弱ってしまいますので、半日は日陰になる場所、ほどよく風を遮ってくれる木や建物のある場所を選べると安心でしょう。

モッコクの花の手入れと実について

モッコクの開花時期は6月下旬から7月頃で、直径2cm程度の白い花を枝先に咲かせます。その花が「セッコク」というランの一種と香りが似ていることが、この名前の由来のようです。

モッコクの花後は、咲き終わった花から順に花がらを取り除いてあげましょう。

また綺麗な花と実を楽しむために、2月頃に堆肥などの肥料を株元に施すのがオススメです。

モッコクの花が咲かないとき

花が咲かない原因は先述のような寒風や日照などの環境にある場合がありますが、間違った剪定が原因のことも多いです。モッコクは冬には枝先に小さな蕾をつけているため、適期を無視して剪定したり、強剪定してしまうとシーズンまでに花芽がつかず、開花できなくなります。うっかり刈り込み剪定をして枝先をカットしすぎるのもよくありません。モッコクの花が咲かない時は、環境・剪定時期と方法を見直してみるとよいでしょう。

モッコクには実がつかない種類がある

先ほど少し触れたように、モッコクには実をつける種類とつけない種類が存在します。おしべとめしべの両方を持っている種類(両性花)と、おしべしか持たない種類に分かれているのです。両性花のほうは赤い実をつけますが、おしべのみのほうは実はつけませんのでよく覚えておきましょう。

おもに野鳥が実を食べる

モッコクの実は、おもにオオルリやメジロなどの野鳥が好んで食べます。モッコクにとっても、野鳥が実を遠くに運んで食べてくれることで、種がその土地に根付く可能性があるため、繁殖していくうえでのメリットになっているようです。

害虫・病気対策

モッコクで気を付けなければならない害虫はカイガラムシとハマキムシの2種類で、病気ではうどんこ病がとくにかかりやすく厄介です。

■カイガラムシ

カイガラムシは樹木の葉裏・枝・幹などに寄生して樹液を吸汁する害虫で、幼虫も成虫も赤い見た目をしています。一度寄生したら滅多に動くことはありません。成虫になると、自身が取り込んだ栄養素や自身の排泄物を利用して作ったカラを被ります。
カイガラムシを成虫になる前に見つけた場合は、歯ブラシなどで擦りとることがベストです。成虫になってしまってから発見した場合は、殺虫剤で駆除するようにしましょう。カイガラムシに効果のある殺虫剤は、園芸用品店やネット通販で購入できます。

■ハマキムシ

ハマキムシは、モッコクの葉を食害します。不自然に巻いてある葉や、葉と葉が引っ付いている部分に潜んでいる、白や黄緑色の虫がハマキムシです。
葉と葉が密集していると、ハマキムシによる被害を受ける範囲が広くなってしまうため、枝透かしなどの剪定作業をおこなって予防しましょう。もし寄生されてしまった場合は、園芸用品店やネット通販で購入できるオルトラン水和剤や、スミチオン乳剤で駆除してください。

■うどんこ病

うどんこ病とは、葉にカビ菌が発生して白い斑点がポツポツとできる病気です。放っておくとカビ菌の繁殖範囲が拡大していくため、見つけたらすぐに薬剤を散布しましょう。
うどんこ病の原因となるカビ菌は複数の種類があり、ひとつの薬剤がすべてのカビ菌に効くわけではありません。最適なものを自分で判断できなければ、園芸用品店やホームセンターでモッコクを生育していることを伝えて、最適なものを選んでもらいましょう。
万が一、カビ菌が葉の全体に広がった場合は葉を切り取らなければなりません。感染を発見したら、なるべく早く適切な対処をしてください。

植え付け、植え替え、種まきについて

先述のように、モッコクは耐寒性があまり高くないので、苗の状態では冬の寒さに耐えることが難しいです。冬に苗から育てる場合は、鉢植えで栽培し、寒くないところで育てることで寒さから守ることができます。

庭に植え付けする際は、少し暖かくなってきた春頃か、寒くなる前の秋口におこないましょう。苗が風や振動に耐えられるよう支柱を使用します。

モッコクの種は秋に熟した実から採ることができます。種まきは採取した直後の秋か、種が乾かないように保存して翌春にまきましょう。その際、種が乾いてしまうと発芽しなくなってしまいますので、容器の中に湿った砂と一緒に保存するとよいでしょう。

また、モッコクを種から育てる場合、成木になるまで5~6年ほどもかかるので、「そんなに待てない!」という方は苗から育てたほうがよいかもしれません。

モッコクの剪定料金と業者依頼で失敗しないコツ

「プロの剪定の仕上がりに興味がある」「作業が大変なので任せたい」「モッコクの元気がないので何とかしてほしい」……そんな理由から剪定業者を利用をされる方はたくさんいらっしゃいます。初めての方や疑問がある方は、まずは業者利用のコツを予習しておくのがオススメです。

業者依頼のメリット・デメリット

業者と自分との違いとは?

モッコクの剪定をプロに依頼する場合と、自分でやる場合の違いにはどのようなことがあるのでしょうか。お金を出すだけの価値があるかを判断するべく、まずはメリットからチェックしてみましょう。

  • 失敗がなく、仕上がりがきれい!
  • 正しい剪定で花付きがよくなり、病気や害虫も予防できる
  • プロの仕事を見られるため今後の参考になる
  • 剪定後の処理まで任せられ、大量の剪定ゴミも処分してもらえる
  • 時間や労力を使わずにすみ、高所作業も任せられて安全

自分で剪定をおこなった場合、どれほど注意深く枝葉を切っていっても、理想通りの樹形や花付きにならないおそれがあります。その点プロが剪定すれば、モッコクの魅力を引き立てる素晴らしい仕上がりが期待できます。

何より、剪定作業と癒合剤の塗布だけでも大変なのに、準備から片付けまでとなるとかなりの負担ですので、全部お任せできればどれほど楽でしょうか。

ただ、メリットの多さはわかっていても業者依頼に馴染みのない方は、やはり依頼先の手配や費用に不安を感じてしまうのではないかと思います。次は、そんな剪定料金や業者の選び方についても見ていきましょう。

剪定の料金相場を知っておくのが大切

業者依頼を検討するとき、一番気になるのは剪定料金だと思います。まずは一般的な庭木剪定の料金相場をチェックして、大体どれくらいになりそうか予測してみましょう。

庭木剪定の料金相場
3m未満 約1,000~5,000円/本
3m~5m 約6,000~15,000円/本
5m~7m 約15,000~30,000円/本

剪定後の処理費用
45Lゴミ袋1つ 500円前後
軽トラ1台分 3,000~10,000円

この他、業者によって出張料(2,000円~)などの諸費用がかかる場合もありますが、大体この相場に近い費用になると考えておけばよいことになります。しかし、「我が家の場合での剪定料金」が分かるまでは、まだ不安が拭いきれませんよね。

それを解決できるのが、業者の無料相談や現地見積りです。とくに剪定は1分1秒を争う状況ではない分、こういった業者の無料サービスを利用して実際の費用や対応をじっくり比較することができます。即決による失敗を防いで「お得な料金できれいに剪定してもらえた!」と満足の結果を得るためにも、ぜひ事前に確認しておきたいですね。

剪定業者を選ぶならココに注目!

業者を選ぶ際に、必ず確かめておきたいのは以下のような点です。

  • 親身に相談に対応してくれ、実績のある庭師を派遣してくれる
  • 契約前に、無料で現地に来て実際の料金を見積もってくれる
  • 予算や都合にあわなければそのままキャンセルできる
  • 見積り後の追加料金なしなど、料金設定が分かりやすい
  • 出張料無料

業者ごとに対応が違うのはもちろん、庭木のサイズごとの料金設定も違いますので、最低でも2~3社は見積りをもらって比較するのがオススメです。基本的に電話1本で段取りしてもらえますので、こちらの手間もさほどなくスムーズに手配できるでしょう。

業者によっては、庭木の状態を見極めて有機質肥料(植物性・動物性の有機物を原料にした肥料)と無機質肥料(化成肥料)を使い分けてくれるところもあります。料金面だけでなく、科学肥料はなるべく避けたいという方も事前に相談しておくと安心ですね。

まずは1社から見積りをもらってみよう!

モッコクの剪定で業者依頼に興味が沸いたら、まずは無料で現地見積りしてくれる業者に問い合わせてみましょう。

どこに連絡すれば……?とお困りなら、弊社でも24時間体制で無料相談・無料見積りを受け付けております。「依頼するかまだ迷っている」「料金の質問だけしてみたい」という場合でも、いつでもお気軽にお問い合わせください。

わかりやすい料金設定に力を入れている弊社は、作業フローを一貫して人件費や資材コストを最小限に抑えることで、お求め易い価格設定を実現しました。お見積り後の追加料金も一切かかりませんので、ぜひ安心の依頼先のひとつとしてご活用ください。

※2020年10月現在の情報です

剪定・伐採・草刈りなどお庭のことならお庭110番へ
通話
無料
0120-949-864 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
・利用規約・プライバシーポリシー

お役立ち情報お役立ち情報

対応エリア対応エリア

0120-949-864

現在 電話が繋がりやすくなっております

・利用規約 ・プライバシーポリシー

各種クレジットカード、
現金がご利用いただけます

クレジットカードロゴ

※手数料がかかる場合がございます。※一部エリアによりカードが使えない場合がございます。

お庭110番の更新情報お庭110番の更新情報